色気のない女の特徴。6タイプ別特集。

この記事を書いている人

色気研究家 / 魔性の女

森 彩夏(もりあやか)  この謎の女について詳しく知りたい方は、こちらのプロフィールをご参考ください。

◆魔性の女プロフィール

ごきげんよう、色気研究家の森彩夏です。

今回は色気のない女性の特徴について、掘り下げていきます。

これを見ているあなたは、私からダメだしされないように気をつけてくださいね!

 

①姉御肌タイプ

 

男前な性格でいざと言う時に頼りになる姉御肌な女性。

女ウケがよく、サバサバしている女性はかっこいいとされるけど、

果たして色気があるの?と聞かれたら答えはNOに近いです。

 

確認ですが、間違っても男性に対して「おまえ」なんて言葉まさか使ってないですよね?

 

大きい声でガハガハ笑ったり、男性の背中をバシバシ叩いて

豪快に振る舞ってたりしないですよね?

 

心当たりがあるなら、今すぐ見直してください。

あなたが男性に「色気がない」と言われる要因のひとつです。

 

女性が男性をおまえ呼ばわりしてしまっては、

「何こいつ」と思われて男性も幻滅してしまいます。

特に男性はプライドの高い生き物。

 

負けず嫌いで努力ができる人というのは認めるけれど、

豪快で頑固な姿勢は女として扱われるというより、男友達に近いように思います。

 

女として扱われたかったら、言葉遣いから「品」を作ること。

 

負けん気が出て男性と張り合いそうになる時は、

そのあなたの芯の強さをグッと堪えて、まず深呼吸をしてみましょう。

負けたくなかったら、

男性からの挑発を軽く交わせるくらい、余裕のある女になること。

 

その為には、言葉遣いを丁寧にすることを心がけてみてくださいね!

 

②氷の女王様タイプ

 

無表情で、感情表現の乏しい女性は、まるで死体のようです。

死んで冷たくなってしまった体に美しさを感じても、

色気は感じないように、血が通い、暖かみのある肉体だからこそ、

人は美しさと色気を感じるものですよ。

 

あなたが人間である限り血が通っているのだから、

人間らしく暖かみのある接し方を心がけてみてくださいね。

 

冷たくて冷酷な女王様に、男性は惹かれません。

 

特に一番避けて欲しいことは、目に表情がないこと。

 

色っぽさを語る上で「目線」は重要な要素です。

上目づかいや、流し目、少し眠たげにまぶたを半分だけ開けた瞳なんかはセクシーです。

 

でも、一番重要なのはその瞳が生き生きしているか、どうかです。

さあ、今すぐ鏡と向き合って、あなたの瞳を確認してみてください。

 

あなたの瞳は輝いていますか?

 

③真面目過ぎるタイプ

 

シャツを第一ボタンまでガッツリ留めて、体型に合っていないセンスのない服を着て、

少し露出している女性を見ては「クラスの風紀を乱さないで下さい!」と

言わんばかりに指摘しまくる、学級委員長タイプ。

「まあ、なんてふしだらなの!」なんて思ってしまう真面目な女性っていますよね。

 

ハッキリ言ってしまうけど、男性はウケ“0”。

きっちりかっちりしすぎていて、セクシーさのかけらもないわ。

 

一体全体、何が怖くて守りに入っているんですか?

 

守りに入って、何もしない、経験のない女に色気は生まれません。

 

かっちり結んだ髪を下ろして、シャツのボタンを2つ外して、

仕上げに赤い口紅をつけてごらんなさい。(塗り過ぎ注意ね)

 

そうするだけで、女度はグンと上がるはずですよ!

 

④だらしないタイプ

 

パタパタと動き回っていたり、大きな音を立てて物を置いたり、

ボリボリ肌を掻いたり、人目をはばからずに大きなあくびをしたり。

仕事場のデスクの上は整理整頓されていないし、家の中はぐちゃぐちゃ。

 

そんな女性は素敵な男性と出会っても、恋が生まれないこと間違い無しです。

色っぽさを感じないのも、そのガサツさが原因です。

 

面倒くさいから、後回し。その根本的な考えから叩き直すこと。

いつでも人に見られているという自覚を持って、常に意識して行動してみてください。

 

少なからず、今よりは女性らしい振る舞いが出来るはずですよ。

 

⑤奇抜なタイプ

 

髪はヴィジュアル系バンドのように金髪で、盛り盛りのヘアスタイル。

または、ロリータ系ファッションで街を歩く女性達。

申し訳ないけど、色気は皆無です。

 

そっちの世界を否定するつもりはないんです。

ただ、女性の色気があるかと言われたら無いと思うんですよね。

(あくまで私は内側から溢れるエレガントな色気のことを言っています。)

 

外にばかり装飾すること(濃いめのメイクや派手な格好)にとらわれずに、

あなた本来の姿とよく向き合ってみてください。

 

シンプルに等身大のあなたのままでも十分美しいんです。

ナチュラルな新しい自分を発見できれば、おのずと色気はついてくると思います。

 

⑥お子ちゃまタイプ

 

可愛さだけで勝負できるのは20代前半まで。

高校生の時に着ていた服、もしかしてまだ着てないですよね?

持っているなら、今すぐ捨てるべきです。

 

子どもみたいに「やだーー!!これが欲しいのーー!!」なんて、

男性に駄々をこねていないですよね?

 

子どもっぽい話し方は品格を失います。

それを「私可愛い」と思っているなら大間違い。

 

いいですか?あなたは

 

大人の女性になる覚悟をするべきです。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

いつもよりも少し強めな口調で、毒舌にぶった切ったところもありましたが

不快に感じたり、かなり傷心している人も、もしかしたらいるかもしれませんね。

 

でも、焦ったり、傷ついたり、私にムカついたってことは

それだけあなたが素直ということです。

 

色気のある女になる為に大切なことは、自分に素直になることです。

あなたにはそれがまず出来ているのだから、大丈夫。

あとは、アドバイスのように実践と経験をくり返すことで魅力的な女性へと成長していきます。

 

怖くてもいい。失敗してもいい。間違ってもいい。

そこから学んで、経験値を上げることが何よりもいい女を作っていく法則です。

 

あなたが魅力的な女性になる日を、私は心から祈って

今日はこの辺で失礼しますね。

最後までご精読頂きまして、ありがとうございました。

 

P.S.

 

あなたはこんな経験をしたことありませんか?

 

理想的な彼と出会って、何度もデートに行くくらい親密な関係になったのに

彼が私のことをどう思っているのかわからない。

体まで重ねて彼に全てを許しているのに、彼は私を振り回してばかり・・・

 

「私ばかりが好きで苦しい!」

「もっと彼から愛されたい!」

 

なのに、彼は私の気持ちを全然わかってくれない・・・

そんな経験したり、こんな気持ちを抱えたことは1度や2度あるのではないでしょうか?

 

私もそんな「都合のいい女」だった1人なので、あなたの気持ちは本当によくわかります。

 

惚れた者の弱みというか、悔しいし!イヤだ!って思うのに

優しくされたり、時々サプライズをされると、ついつい許してしまうんですよね。

 

けれども、もし

男性に媚びることなく、自分らしく堂々と強く生きているのに

男性から溺愛され、告白や交際が途絶えない女性がいるとしたら、

その秘訣を知りたいと思いませんか?

 

一見、そんな女性が男にモテるわけないと思うじゃないですか。

でも、世界的な歴史を見ても、どんなに時代が変わろうと、

そういう女性は世の中に必ず存在しているんです。

そう「魔性の女」と呼ばれる女性たちが。

 

彼女たちは「媚びない色気」を使って次々に男性を翻弄し

まるでお姫様を超えて、女王様のような生活をしているのです。

 

私は運よく魔性の女と呼ばれる女性たちと出会い、分析と研究を重ねてきました。

科学的根拠で証明できるよう心理学、脳科学、生物学などを学びながら

長年にわたり彼女たちを研究してきました。

 

そして、ついにその研究レポートが完成し、自分自身だけでなく

周りにいる女性たちにお伝えしていたら、彼女たちもまた

魔性の女のように男性を翻弄し、溺愛されながなら幸せを掴んでいったのです。

 

そんな驚異的な研究レポートを、期間限定で無料プレセントしています。

 

魔性の女になるためには、どんな秘訣があるのか。

この機会にぜひ、お手にとってご覧ください。

 

間もなく無料プレゼントは終了となりますので、無料の今のうちに

研究レポートをダウンロードして、魔性の女になるためのノウハウを全て習得してみてくださいね。

 

こちらから無料ダウンロードができます。

「伝説の魔性論」を手に入れる。

友だちにもシェアして喜ばせてあげよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です