香りでフェロモンをダダ漏れにする方法

この記事を書いている人

色気研究家 / 魔性の女

森 彩夏(もりあやか)  この謎の女について詳しく知りたい方は、こちらのプロフィールをご参考ください。

◆魔性の女プロフィール

ごきげんよう、色気研究家の森彩夏です。

前回の記事で「五感」を研ぎ澄ませることの重要性についてお伝えしました。

(前回の記事:「男が思わず抱いてみたくなる感度のいい女になる方法」

その中でも時に「嗅覚」は、自他共に認めるくらい大きな影響をもたらします。

 

なので、今回はその嗅覚に最も重要な「香り」について深く掘り下げながら、

香りがもたらす効果をお伝えして行こうと思います。

 

「色気」と同じ意味で使われる”色香”。

この言葉があるように、色っぽい女性は「香り」をとても大切にしています。

 

また、ロート製薬の調査では女性には若い頃に特有の甘い香りがあることを発表しています。

けれども、それは加齢と共に失われていくことも明らかにしています。

(そんなぁ〜!!笑)

 

その正体は、桃やココナッツなどの香りの構成成分であることも判明。

その香りをかぐと見た目の印象も変わるという研究結果も出しています。

 

でも先ほどもお伝えしたように、ロート製薬の調査結果によると

女性特有の甘い匂いは10代、20代に比べて30代以降で減少し、

その「曲がり角」は35歳にあることもわかりました。

 

若さを武器にできない年齢になり、女性特有の甘い香りまでも無くなってしまったら、

私たちはどうやって返り咲いていけばいいのよ・・・!と

悲観してしまいますよね。

 

だからこそ、私たち大人の女性組は香りを仕掛けていくのが常識になっていきます。

 

なぜなら、香りは相手への印象を変えるだけでなく

香りを纏う人の分身となって、相手に強烈な印象を与えるものだからです。

 

今回はこの解説をしていきながら、香りの効果をつかって

あなたを色っぽく見せるための方法もお伝えしていきますので、

ぜひ、最後までお付き合いくださいね。

 

 

香りがもたらす効果とは?

 

実は「香り」の効果というのは、あなたが思っている以上に相当な威力を発揮しています。

なぜなら、今まであなたを眼中にしていなかった人が急に、あなたを意識するようになったり

過去の思い出を蘇らせたり、心情を大きく揺さぶるような効果をもたらすからです。

 

これを「プルースト効果」とも言います。

プルーストとは、フランスの作家のマルセル・プルーストのことで

その半生をかけて執筆した大作「失われた時を求めて」の中で

語り手が口にしたマドレーヌの味をきっかけに

幼少期の家族の思い出が蘇ることから、香りによって記憶が蘇ることを

「プルースト効果」と呼ぶようになりました。

 

さらに香りには、私たち人間の理性をコントロールできないくらいの力を持っています。

なぜなら、それは脳に直接作用するからなんです。

詳しく説明すると、香りは

鼻 → 嗅上皮 → 嗅細胞(嗅毛)→ 嗅球 → 大脳辺縁系 の順で脳へ到達します。

 

[アロマセラピー/香りと体のメカニズムより]

 

大脳辺縁系は食欲などの本能的な行動や、喜怒哀楽などの感情をつかさどる場所なんですね。

それはつまり、香りは本能的な行動や感情に直接作用するということになります。

 

昔付き合った彼の匂い、旅先で出会った素敵な男性の香水の香り。。。

 

ふと漂う香りが刺激となって、突然気持ちや記憶がよみがえることって

きっとあなたにも経験があるのではないでしょうか?

 

ハイクラスのラグジュアリーブランドがこぞって香水を発売して、

自社の香水を身につけてもらおうと香りマーケティングをする意味もうなずけますよね。

 

 

そして香りの効果はこれだけではありません。

 

人にリラックス効果を与えて、ストレスを軽減することが出来たり、

いい香りはポジティブな気持ちにさせて、その場にいることが心地よくなるものなのです。

 

そして良好な香りはあなたを印象付け、また会いたいと思わせてくれるもの。

 

香りは本能に直接働きかけるもの

 

これで嗅覚は人間の五感の中で1番、脳に刺激を与える部分と強く結びついているということが

ご理解いただけたかと思います。

だから当然、男性の性欲にも刺激を与えるということになります。

 

なぜなら、動物はフェロモンを出して匂いを振りまいて求愛するからです。

それはつまり、私たち人間にも有効であるということです。

 

まず、まとう香りはオーデトワレやオーデパルファムではなくて、パルファムがおススメ。

 

オーデトワレは、香料濃度5~10%、持続時間3~4時間。
濃度が低めで、ほんのり数時間香るため、普段使いに適している。

オーデパルファム(オードパルファン)は、香料濃度10~15%、持続時間5~7時間。
パルファムのように香りに深みがあり、持続時間が長いが、濃度が低いため、価格もパルファムより低く設定されているものが多い。

パルファム(パルファン)は、香料濃度15~30%、持続時間5~7時間。
濃度が高いため小量で効き、香りが長持ちする。
英語で「香水」を意味する「パフューム(perfume)」は、フランス語の「パルファム(parfum)」と同源で、狭義に「香水」といえば「パルファム」を指す。

 

香料の濃度が最も高いパルファムは、オーデトワレやオーデパルファムと違って

香りが拡散することなくとても上品にやわらかに香ります。

 

30歳をを超えた大人の女性には是非パルファムを手元に1本は置いといて頂きたいものです。

 

香水は嗅覚を刺激してあなたの魅力をアピールして、その気にさえてしまう

人の体の働きに乗っ取った効果的な誘い水。

 

セクシャルな気持ちにさせる要素が存分に含まれています!

 

香りは昔から色事には欠かせないアイテムの1つでした。

香水を体に振りかけたり、お香を部屋に焚いたりすることで、いい香りで好きな人を振り向かせたい

好きな香りがする異性が気になってしまうというのは、どんな時代からでもよくある話。

 

人のカラダはにおいを嗅ぐことで本能的な欲求へのスイッチが入るようにできているので、

香水はまさに理にかなったことと言えますね。

 

香りでフェロモンをアップさせる方法

 

 

フェロモン度を上げて彼を誘惑したい時は、ジャスミンのハーブティーに力を借りてみてください。

私が尊敬してやまない世界三大美女のクレオパトラも、敵対する将軍にジャスミンの香りを嗅がせて

自分の虜にしたといわれるくらい、ジャスミンは古来より男女の関係を深くサポートしてくれるハーブなんです。

 

私はよく1人でも食前や食後に飲むことが多いのだけど、彼とのデートの際は

ディナー後に一緒に飲むことで気分が高揚し、セクシーな雰囲気になるので

ぜひ、お試しあれ!

 

そして、ジャスミンティーに必ず入れてほしいのが、蜂蜜

 

蜂蜜を入れることによって甘みが出るのはもちろん、実は媚薬的な効果もあると言われています。

古代ヨーロッパのゲルマン民族には、新婚1ヶ月の間に新郎は外出せずに蜂蜜種を飲み、

子づくりに励むという習慣があったそうです。

 

これは蜂蜜に、体に養分を染み込ませて体を強く元気にするという効果があるとされていたことと、

鉢の多産にあやかるためと言われています。

 

ちなみに、この習慣から「蜂蜜の1ヶ月」=「蜜月」という言葉が生まれて、

新婚1ヶ月のことや新婚旅行のことをハネムーンと呼ぶようになったそうですよ。

 

蜂蜜もジャスミンと同じく、古来より男女から愛されていたもの。

古来より「よい」とされてきたものは、必ずいい効果をもたらしてくれます。

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

色気のある女性には香りがあること。

そしてそれを上手く効果的に使っているからこそ人を惹き付けるのだと思います。

 

もちろん、香水のつけ過ぎには注意が必要です。

そして、香りには好みがあるので一概にこれがいいとは断言できないけれど、

アロマや生け花の香りの効果を知りながら自分に活用したり、いざという時の場面で香りを味方にできるように

お勉強しておくことは大人の女性としては損にならないはずです。

 

今は雑誌やネット上にたくさん情報があるので、それを頼りにあなただけの香りを探してみてくださいね。

 

あなたが”色香のある女性”になれる日を祈って、今日はこの辺で失礼します。

 

最後までご精読頂きまして、ありがとうございました。

 

P.S.

 

あなたはこんな経験をしたことありませんか?

 

理想的な彼と出会って、何度もデートに行くくらい親密な関係になったのに

彼が私のことをどう思っているのかわからない。

体まで重ねて彼に全てを許しているのに、彼は私を振り回してばかり・・・

 

「私ばかりが好きで苦しい!」

「もっと彼から愛されたい!」

 

なのに、彼は私の気持ちを全然わかってくれない・・・

そんな経験したり、こんな気持ちを抱えたことは1度や2度あるのではないでしょうか?

 

私もそんな「都合のいい女」だった1人なので、あなたの気持ちは本当によくわかります。

 

惚れた者の弱みというか、悔しいし!イヤだ!って思うのに

優しくされたり、時々サプライズをされると、ついつい許してしまうんですよね。

 

けれども、もし

男性に媚びることなく、自分らしく堂々と強く生きているのに

男性から溺愛され、告白や交際が途絶えない女性がいるとしたら、

その秘訣を知りたいと思いませんか?

 

一見、そんな女性が男にモテるわけないと思うじゃないですか。

でも、世界的な歴史を見ても、どんなに時代が変わろうと、

そういう女性は世の中に必ず存在しているんです。

そう「魔性の女」と呼ばれる女性たちが。

 

彼女たちは「媚びない色気」を使って次々に男性を翻弄し

まるでお姫様を超えて、女王様のような生活をしているのです。

 

私は運よく魔性の女と呼ばれる女性たちと出会い、分析と研究を重ねてきました。

科学的根拠で証明できるよう心理学、脳科学、生物学などを学びながら

長年にわたり彼女たちを研究してきました。

 

そして、ついにその研究レポートが完成し、自分自身だけでなく

周りにいる女性たちにお伝えしていたら、彼女たちもまた

魔性の女のように男性を翻弄し、溺愛されながなら幸せを掴んでいったのです。

 

そんな驚異的な研究レポートを、期間限定で無料プレセントしています。

 

魔性の女になるためには、どんな秘訣があるのか。

この機会にぜひ、お手にとってご覧ください。

 

間もなく無料プレゼントは終了となりますので、無料の今のうちに

研究レポートをダウンロードして、魔性の女になるためのノウハウを全て習得してみてくださいね。

 

こちらから無料ダウンロードができます。

「伝説の魔性論」を手に入れる。

友だちにもシェアして喜ばせてあげよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です